城之内の命は果たして、、、

端的に結果報告だけ

 

りゅーきんさん昨日勝ちましたよ

月下雷鳴で大勝、万枚狙うって言ってたけど

月下雷鳴で40000近くぶっ込んで回収出来たのは1600枚(32000円相当)

そこからゴッド打って、ゴッド揃い(確率が1/8192、すごいってことはわかるでしょ?)引いて最終的に3500枚ちょい取って67000円頂いた

勝ち額30000円、まあ大勝とは言い難いけど個人的には気持ちよく勝てたかなと思う

GOD揃いだよ?気持ちいいよほんとに

 

以上、結果報告でした

 

f:id:bourbon0628:20170709204806j:image

北島三郎に焚き付けられた城之内について

昨日は七夕だったね

7/7 7のゾロ目

7のゾロ目?連想することは

もちろんパチスロだよね

 

パチスロ歴数ヶ月のパチンカスとすら名乗ることが許されてない素人な僕ですけど

収支がプラスでウハウハに浮かれている阿呆な僕はもちろん打ちに行きましたよ

 

7/7っていう日は世間は短冊に面白い()ことを書いてギャーギャー騒いでた様ですが、パチンカスの間では超一大イベントな訳ですよ

年に1度の7のゾロ目の日、みんな行くよねそりゃ

一種の祭りですよ

 

パチンカス共は何かとこじつけて

「あ、こうなったからいい事がある」「今日体調悪い、当たるな」なんて言い出す人種で

北島三郎の歌なんてそれくらいしか知らないくせにな

もはや宗教何じゃないかと言うくらい当たりを信じる

やっぱり7/7は祭りの日なんだよ

 きっと昨日は朝から「あ~~~!祭りだ祭りだ祭りだ!!」なんて呑気に歌ってやがったに違いねぇんだ

 

 

 

祭りといえば宗教、宗教といえば教祖=神 がいる訳で

僕もパチンカスとしてその神を信じようと……

 

はしなかった

だって祭りやぞ、髪を祀るんやぞ

 

自分がいい思いしてどうすんねん、神に日頃の感謝とかそんな感じのイベントだろ?祭りって

だったら問答無用でゴッド座って万札突っ込めや

神にお賽銭として、今後求める利益にふさわしい額を入れる。

お賽銭として万札ぶちこめや!!!!!

 

 

だから僕は昨日ゴッドに万札突っ込んできました、、、

 

ああ諭吉よ、皇貴なる諭吉よ、、、もう一度戻ってきてくれやしないかい、人の上にうんたんかんたんっていうその思想は大嫌いだけど、君の載っている紙幣が僕は好きだ。(諭吉、君自体は嫌いだよ)

 

けどまあ、お賽銭だから、別に一万円なんて、いいのよ、気にしないもんね、別に悔しくなんてないし

 

 

別に悔しくなんてない

 

そう、別に悔しいなんて思ってませんよ

本当に思ってない

 

だって今日も打ちに行くもの

今日勝てば全然いい、と言うか端から今日の勝ちしか見えてない。

7/7が出ない店っていうのは別に全国的に珍しい訳じゃない

そしてそういう日は大体7/8が出る日になってる(らしい)

 

元々そのつもりだったわけだから一万円で歯止めがきいた。

じゃなかったらずっと打ってたよ昨日だって

お祭りだ、お賽銭だ、と言ったってやっぱりあわよくば当たってくれ!って思うでしょ

人間(エゴの塊)なんだもん

 

今日ゴッドに一万円なんて大金をお賽銭として入れた僕は十分に人事を尽くしたと言ってもいい

じゃあ後は天命を待つだけだろ?

 

今日は昼頃から行くよ。

打つだいはモンスターハンター月下雷鳴

あわよくば万枚(メダル1枚20円×1万枚=20万円)を狙っていく!

 

てことで期待してて、結果はしっかり報告するから

 

 

 

 

やめて!二日連続で大負けした代償で、財布の中を焼き払われたら、闇のギャンブルで財布と繋がってるりゅーきんの精神まで燃え尽きちゃう!
お願い、死なないでりゅーきん!あんたが今ここで倒れたら、ジャグラーやリノでの今までの勝ち分はどうなっちゃうの? お金はまだ残ってる。ここを耐えれば、ジンオウガに勝てるんだから!
次回「りゅーきん死す」。デュエルスタンバイ!

f:id:bourbon0628:20170708051809j:image

 

真っ当な人間って

全国の一般的な母親は朝起きて家中のカーテンを開けるよね

母親じゃなくても開ける人いるでしょ

 

朝、眠たいじゃん

なんでカーテン開けるの、、、

欲求に素直じゃないね

マゾなのかな

眠いなら寝ろよ

 

お腹いっぱいなのにわざわざご飯食べないじゃないか

ぐっすり寝て睡眠欲が満たされてる時に寝ないじゃないか

カーテン開けるのなんてその時でいいでしょ

 

今君に足りてないのは金と愛と睡眠だ

寝ろ、金と愛は自分の力じゃあどうにもならないにしても

睡眠欲を満たすことは出来る

寝るだけでいいだよ、誰にでもできる。

夜寝たくないけど朝寝たいなら朝寝りゃいいのに

 

遅刻とか気にすんなよ

誰だってするよ

常識なんていらないよ

気にしない気にしない

遅刻で怒られたら別の職場行こう

逃げないで生活するの辛いじゃないか

真正面から立ち向かうのなんてシンジ君に全部任せようや

 

行きなさいシンジ君!あなた自身のためじゃない!みんながサボりたいからあなたが変わりに!!!

 

このネタがわからない人は新劇場版エヴァンゲリオン破の最後の方見てください

YouTubeとかにあると思うよくっそ名シーンだから

シンジ君、逃げちゃダメだよ

 

話それた

朝、カーテンを開ける人は眠気と戦うシンジ君だっていう話をしていたんだったね

エヴァの作者 庵野秀明氏だって逃げてるんだよ

あの人、新劇場版エヴァの最新作の公開時期は2016年の冬だって言ってたからね(確か)

 

宮崎駿だって映画1本出したら一回休んで作りたい意欲と体調回復してから新作作り出すんだよ

 

庵野、宮崎、富樫が休み休み頑張ってるっていうのに一般人の僕達が毎日必死こいて休まず生きている意味はなんだ!休め!サボれ!楽をしろ!!

週休2日?クソくらえ

出勤2日の間違えだろ、金だけよこせば良いんだよ

 

僕達はシンジ君じゃない、シェルターの中に逃げ込むモブだ

だから逃げていいのさ

あちぃね

梅雨入って湿度も高くなってきてほんとうに最近あちぃね

冷房効いてる店内が本当に天国だよ、真夏に備えてコンビニの一角に住まわせてもらおうか

 

けどまだコンビニも電車も冷房全開じゃないね

電力けちってんじゃないよ!

客取る気あんの?もっと冷房効かせろよ!

 

 

電力ケチって少しでも売上上げようとしてるなら、冷房付けなくても電車とかは客絶対居るから付けなくていいよ。固定客が多くいて需要が半端ないんだったら多少欠陥があっても使うでしょ?

なのにJRさんたちはしっかり冷房付けてる

JR偉いね!東京メトロ偉いね!

電車を運営してる企業の皆様には頭が上がらないよ。本当に便利だと思う、ほんの数分数百円でいろんなとこ行けちゃうんですよ。冷静になって考えたらすごく便利じゃないですか!あちぃけど。

 

けど、発展しすぎてやや複雑じゃないですか?覚えきれませんよ、どれに乗ればどこに行けるか

普段乗ってる線だったら覚えてるけど、慣れない土地に行った時確認しなきゃ行けないじゃない

だから中途半端だよ、JR達、あちぃし

 

だから僕はNAVITIME様に感謝してる

困ったらNAVITIME、あのアプリは素晴らしい

どこにでも最短で行ける気がするよ

グーグルマップとかの最短ルートって実は最短じゃないって知ってた?

あのナビ従わない方がいいよ。検索かけてナビ開始したら、一回落ち着いて本当の最短ルートを自分で確認して進んだ方がいい

 

それに比べNAVITIMEは無駄がない。

 

ハァイ!ナヴィタァイム!!

 

っていう売り文句のCMがあったけど

やべーどうしよどれ乗ればいいか分かんないよ、、、、

って時にNAVITIMEの存在を思い出すと

 

ハァイ!ナヴィタァイム!!

 

って心の中で叫びそうになるもの

 

NAVITIME使えば涼しくなるなんて機能が追加されたら文句ないんだけどね。あちぃね

湘南乃風ってアホ丸出しやん

夏のような強い日差しが

五月特有のだるさが抜けきっていない精神に追い打ちをかけてくる

 

特にやりたいこともなく

ただだらだらと日々を過ごしている自分に苛立ちを覚える

 

こういう日は何をやってもダメだ

なんて自分で決めつけていることにも苛立ち、また憂鬱な気持ちになる

 

まだ真夏でもないにも関わらずクーラーの冷えた風で気持ちのいい思いをしているのに

心は快適だとは思っていないようだ

 

過ごしにくい都会の空気

目が死んでる通勤者達

 

この街には魔物が住んでいる

 

いずれ僕もその魔物に喰われてしまうのだろうか

なんてくだらない妄想をして

自分でそれを鼻で笑い、また憂鬱になる

 

誰がこんな陰気臭いブログを読むのか

そんなことを思いながら今日も湿気たブログを書く

 

自分の文章 という物がまだ確率していない中でただひたすら意味の無い文を書いている

探り探り書いている という訳でもない

別に個性を確立させようとしていない

やる気がないんだな

 

夏になると出てくるセミと輩が僕は嫌いだ

とてもうるさい

どうして静かにできないんだ

セミはともかく輩は夏に騒がなくても死なないだろう

 

騒音と暑さと日差し

僕が夏が嫌いな理由

 

ライブ行ってタオル振って騒いで満足してる奴も輩の一員だと僕は思ってるよ

 

WANIMAと湘南乃風とAK69

 

 

 

 

 

 

馬鹿じゃねぇの

 

 

 

 

ただの当てつけです

夏だぜ、いぇー

カカオと歯磨き粉の絶妙な割合

今日はチョコミントのアイスを食べた

チョコミントが大好きな友達に

おらおら!食えやぁ!!!!って脅されたから食べた

ダイエット中にも関わらず、脅されたから と人のせいに出来る条件が整った途端、全ての欲望を解き放ち、チョコミントアイスバーに貪りついた

 

「久々の糖分の感想はどうでしたか!?」

「目標体重に行くまであらゆる誘惑に打ち勝つと言っていたのは嘘なんですか!?」

 

 

もういいよダイエットなんて、、、

僕は痩せてる僕より

いっぱい食べる僕が好きだ

 

いや、もうしばらく食べてなかったから胃袋が小さくなっててそんな多く食べれなくなってるんだけど、、、、

 

 

 

 

んな話はどうでもよくて

チョコミントの話

 

Twitterで宣言したとおり

チョコミントレビューをするよ

 

レビューって言っても要は食レポな訳でしょ

僕、食レポ苦手なんだよ、、、

美味しいものは美味しいし

まずいものはまずいじゃないか

 

じゃあそれでいいじゃん!!!

美味しいよ、まずいよ、でいいじゃない

 

「ん〜、このカカオと歯磨き粉の絶妙なハーモニー、たまらないですね〜」

 

なんて細かいこと言わなくていいじゃないか!!

 

「爽快感の宝石箱やぁ〜」

 

とでも言えばいいのか

 

 

 

 

 

 

 

とりあえず

 

 

まいう〜!!!

 

 

 

あれ、何の話してたっけ

 

そう、チョコミント

チョコミントのレビューしなきゃいけないんだった

 

どこかから

「りゅーきん仕事しろ」

って聞こえてくるよ、、、

 

じゃあまず、感想を単刀直入にいうけど

 

美味しくはない

 

まずい!!って叫んじゃうほど不味くはないけど

美味しいとは思えなかった

きっとチョコミントが好きだって言ってる人はファッションでチョコミントを食べてるんだろうな

とずっと思ってたんだけど、それが確信に変わった

 

有名YouTuberのマホトさんは昨年動画でチョコミントのことをこう評していました

 

「スースーする土の味がする」

 

土の味はしなかったけどそれくらい微妙な味だった

 

僕が好きな市販のアイスは

セブンイレブンのマンゴーのやつ

名前忘れたけど、マンゴーの食感そのまんまにしてみましたアイスバー!みたいな名前のアイス

めちゃめちゃ美味しい

                              ぼそっ)チョコミントの5倍美味しい

 

 

 

チョコミント好きの人からしたら

そんなの食べるくらいならチョコミント食べるわ!!!

ラーメン食べるくらいならチョコミント食べるわ!!!!

カツカレー食べるくらいならチョコミント食べるわ!!!

たこ焼き食べるくらいならチョコミント食べるわ!!!

 

 

ってくらいチョコミント好きなんだろうなあ

 

だって、僕がチョコミント嫌いなんだよねってチョコミント好きの友達言ったら

 

「はぁ〜〜????チョコミントが嫌いだとぉ〜〜???お前チョコミント食えないなら友達やめるからな!!!チョコミント嫌いな奴理解出来ねぇわ!!!」

(盛りました)

 

って言われたからね

チョコミントが好きな人は世界の何よりもチョコミントが好きなんだろう!!

 

 

 

 

 

 

 

 

チョコミント嫌いなら友達やめるって言われたのは冗談だとしても

このブログのチョコミントファンの煽り方が酷すぎて友達やめられそうだな、、、

ふざけすぎた、深く反省致します

 

 

 

 

 

 

 

 

けどチョコミントハマったよ

昔、青汁のCMにあった

「んーーーー、不味い!もう一杯!!!」

と同じ状態だよ

 

 まずいもう一杯!が分かんない人はこれ見てね

https://youtu.be/Wnw12o2KahM

 

何かで感情を表現できる人になりたい

ある男の話をしよう

 

そいつは小学校の時にはイケイケ系のグループの一員だった

 

中学に上がった頃、周りは中学生なりの精神を持てるくらい成長していたが、その男は小学校のノリが抜けていなくて、仲間はずれにされた

 

それでもなんとか生きていた

 

特にやりたいこと、趣味などは特になかったけれど、なんとなく生きていた

 

その頃からは小学校から通っていた塾での勉強に一生懸命(とは到底言い難いが、まあそこそこ)取り組んでいた

 

そのお陰で、テストで学年1位を取れるだけの学力を備えていた。

 

好きな子が出来て告白して振られても

勉強だけはやめなかった

 

野球もやっていたのだけれど

その野球もサボり癖がついていて、トレーニング等は怠っていた

 

それでも勉強はした。

 

その塾の友達にアニメの良さを教えて貰って

 

野球部のエースでアニオタで勉強も出来る

 

なんてちょっと変わった人間になっていた

まあ探せばいくらでもいるような人間だろうけど

 

アニメにハマるとボカロにハマる なんて流れがあるだろう

その男もそうなった

 

アニオタでボカロ好きで野球部のエースで勉強が出来るそこそこ顔の良いクズ

 

良いんだか悪いんだか、、、(笑)

 

そいつは塾に忙しく友達と遊べないから友達が出来ないんだ と自分を正当化して生きるようになった

 

元々友達が出来るようなタイプの人間じゃなかったのにな、と今になって思う

いや、その時からわかっていて分からないふりをしていたのかもしれない

 

そんな友達がいない彼にも、仲良くしてくれる人がいた

その子と仲良くして居ると、周りの目目変わったようで何人かのグループに発展するまでに友達が増えた

 

野球部でアニオタでボカロが好きで友達がいる勉強は出来る顔はそこそこいいクズ になっていた

 

まあ当時はクズだという自覚はなかったらしいが

 

けどそいつは人間が嫌いになっていた

親もクラスメイトも先生も

いわゆる中二病だったんだろう

 

そんな心が荒んだ(ふりをしている)少年にも春が訪れた

彼女が出来た

好きでもなかった女の子に告白されて

付き合ってるうちに好きになるだろう なんて楽観的な考え方でその告白をOKした

 

けど好きになることは無かった

むしろうっとおしさすら感じるようになった

彼女だからなにかしてあげないと

けど好きじゃないのになにかしてあげる必要はあるの?

そもそもなんで付き合ってるんだよ、別れれば済む話だろ

 

彼は 「一度付き合うことを承諾したんだから責任を持たなければいけない 」 なんて律儀な考えを持っていたようだ

愚かだよまったく。

 

それでもまあデートなんかもしてみた

けど、  なんか違う  とそのデートと言われるものをした後にいつも思っていた

 

恋愛って言うものは両思いが前提として成立するものなんだよ

片方が好きで付き合っててもそれは恋愛なんかじゃない、ただの片思いだよ

恋愛とは程遠い

 

 

彼は結局別れを告げた

ああ、罪な男だ、、、

と自分に自惚れるなんて愚劣な感情は抱かなかった

けど、酷い罪悪感に襲われた

 

まだ中学生だった彼はそんな罪悪感なんてものの数日で消えた

ケロッとした顔でまたつまらない日常を送っていた

 

数日?嘘だね、おそらく数時間程度だっただろうよ

 

 

 

数ヶ月経ち、思春期の彼は新たな悩みに直面した

好きな人が出来た!!!

その女の子とはSNSでしばらくやり取りを続けていた

そしてある時向こうから告白してきた

もちろんOKした

 

彼はとても幸せな気分だった

やっと好きな人に好かれて、好きな人と付き合える

今俺はこの世界の主人公だ!

 

なんて馬鹿な思想をしていたんだろうと思う

そんな浅はかな彼の幸せな時間もすぐ終わりを告げた

 

一つ紹介し忘れたことがあった

元カノとその時の今カノは親友だったんだ

そしてそいつらと俺もまた、元は友達だった

 

 

 

その浅はかな彼と彼女が付き合ってると知ったその元カノが、彼女を逆恨みし始めたんだ

具体的にはあからさまな悪態、無視など

 

いかにも中学生臭いタイプの嫌がらせ

 

彼女は悩んだ

彼をとるか、友達(元カノ)を取るか

 

彼女は友達を取った

 

別れを告げられた

 

彼は何をして生きていけばいいか分からなくなった

本当に好きだった、このまま長く続けばいいなあなんて思ってた

その彼女とは三ヶ月しか続かなかった

 

三ヶ月、短い幸せだったねぇ

けど良かったじゃない、幸せだって思える時間が三ヶ月もあったんだよ

友達もいなく、やることも無い、生き甲斐もない彼に生き甲斐を与えてくれた彼女は、彼の目からはさながら女神のように写っていたことだろう

 

女神なんて大袈裟な評価をしてあげられるほど綺麗な顔立ちではなかったらしいけどね

 元カノもきっと彼のことが本当に好きだった故に軽いメンヘラチックになってしまったんだろうと思うと責められないし胸が痛い と彼は言っていた

 

野球部でアニオタでボカロが好きで友達がいる勉強は出来る顔はそこそこいいけどクズ故に元カノを愛せずなーなーなまま別れ真剣な恋愛をするとその元カノに恋路を邪魔されたクズ になっていた

 

 

人の人生をこうして文に起こすと

それだけで一つの物語になるんだね

もう少し小説チックに書きたかったけど

僕にはそこまでの文才は無い

僕のブログをいくつか読んだ人にはわかると思うけど

稚拙で支離滅裂な文脈だ

 

正直恥ずかしいよ

 

僕は絵も下手だし、文才もない

漫画や小説はきっと書けないだろう

ただ屁理屈をいうことだけは得意だ

だからしばらくは底辺ブロガーを続けて

この創作欲を満たすとするよ